遺言でしかできないこととは?

遺言でしかできないこととは?

被相続人は死後の自分の財産の行方についてその意思を遺言で自由に決めることができます。

遺言書は15歳に達したものであれば作成することができ、遺言書を作成したときは遺言者の意思を尊重して、一定の事項については死後の法律関係が遺言で定められた通りに実現することを法的に保障しています。

ただし、遺言でなくても生前行為としてできるものもあり、その違いを説明していきたいと思います。

 

遺言でしかできないこと

①相続分の指定

②遺産分割方法の指定

③遺産分割の禁止

④遺言執行者の指定

⑤遺留分侵害額請求方法の指定

⑥未成年後見人の指定

⑦未成年後見監督人の指定 etc

 

遺言でなくても生前行為としてできるもの

①認知

②相続人の廃除

③祭具等の承継の指定

④一般財団法人を設立する意思表示

⑤信託  etc

 

遺言は、法律に定める方式に従わなければ、効力が発生しません。

遺言書の作成でお困りのことがあれば、気軽にご相談ください。

相談・見積は無料です。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0664239083電話番号リンク 問い合わせバナー