司法書士紹介

司法書士 大貫 智江

ご挨拶

司法書士 大貫智江みなさま、はじめまして。

私の名前は、大貫智江(おおぬき ともえ)と申します。

ご縁があり、こうして私のプロフィールを読んで頂き、本当に嬉しく思います。

職業は、司法書士をしています。・・・、司法書士事務所のホームページなので、当たり前の自己紹介ですね。でも、この記事を読んでいただいている方々でも「司法書士」がどんな仕事をしている人なのかピンと来ない方が多くいらっしゃるかと思います。

そんな方には、私は「問題解決のなんでも屋」です、とお答えします。余計わからない!とおっしゃる方もいるでしょうが、本当に「なんでも屋」なんです。

自分自身の問題(遺言作成や不動産贈与など)からご家族の問題(ご相続登記、成年後見など)、はたまた第三者との問題(借金、賃貸借など)、なんでもご相談を受けています。

ですから、『お悩み、ご不安がある方』には、まずはお話をして頂きたいのです。

私は、当事務所を開設するまで、司法書士事務所・弁護士事務所・税理士事務所と手続き・法律・税務のスペシャリストの事務所に所属してきました。司法書士でもなかなかこれだけの各専門事務所に所属していた経験のある人はいないと思います。

問題の多くは、手続き的な知識も必要になれば、時には裁判所を通した高度な法律的問題に発展することもございますし、身近な税金問題が絡んでくる事もございます。

どの専門家に相談したら?と、相談の一歩を躊躇してしまう場合も多く見受けられます。

そんなお客様へ、

なんでも屋の当れみらい司法書士事務所へ是非お声がけください。親身になってお話を聞かせて頂き、安心してお帰り頂けます様お手伝いさせて頂きます。

「法律の専門家」として「法律」に精通し、また、一人間として「心」や「想い」にしっかりと目を向けながら、両者をバランスよく取り入れ、お客様の為に全力で職務に取り組む。そのことを信念に仕事をして参ります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

司法書士 大貫智江

 

経歴

2005年  千葉県内司法書士事務所勤務
2008年  司法書士試験合格
 千葉司法書士会登録
2009年  簡裁訴訟代理関係業務認定試験合格
2010年  東京司法書士会へ移籍
2010年  東京都江戸川区にて「大貫司法書士事務所」開設
2016年  東京都豊島区「れみらい司法書士事務所」開設 代表就任
2019年  兵庫県尼崎市に事務所移転

 

【所属等】

 兵庫県司法書士会 登録番号2726号
 簡裁訴訟代理関係業務認定 認定番号801315号
 公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート会員 会員番号6312879号

栃木県大田原市生まれ。大自然(田舎)の中でのんびり育ち、海なし県出身から、とにかく海へのあこがれが強く高校卒業後からは、海のある町を住み歩いています。司法書士事務所で職員として勤務がてら司法書士試験に挑み、平成20年に司法書士試験に合格。勤務時代に、お客様の様々な問題を解決するには幅広い分野の知識が不可欠と痛感し、司法書士として活動しながら、弁護士事務所・税理士事務所に所属し「幅広い知識」習得に励みました。また、様々なお客様と出会うことで、「お客様の目線にたった」仕事姿勢を学ぶことができました。お客様には、「本当に話しやすくて安心した」「色んなことを教えてもらえて、大貫さんに相談して良かった」との嬉しいお言葉も頂きました。

司法書士登録から10年、こうして多くの人に溢れ、多くの問題、人生ドラマのある東京で自分をみがき成長させてきましたが、この度、主人の故郷でもあり、憧れでもあった関西へ転居してきました。山も海もある兵庫県は、山で育ち、海へのあこがれの強い私にとって最高の永住の地です。この地の方々のお役に立ちたい、そう心から思っております。

趣味は、旅行に食べ歩き(お酒好きです)。また、息子の影響で、最近では鉄道にはまっています。新幹線・蒸気機関車が好きで、鉄道博物館に行くと、子供よりも興奮しています。お酒も大好きで子供が手を離れたら「ソムリエ」資格をとろうと楽しみにしています。ご相談のかたわら、お子様、お孫様の話、お酒の話もぜひ聞かせてください。

 

司法書士 上西 祥平

司法書士 上西 祥平当事務所にご縁があり、ご相談されようとするお客さまにとって一体相談しようとしている相手がどんな人物かは非常に関心があると思いますので、簡単に自己紹介と経歴について書いていきます。

 

昭和53年神戸市東灘区魚崎生まれ。(魚崎幼稚園、魚崎小学校卒)

平成9年甲陽学院高等学校卒業、平成13年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。

大学在学中は、将来やりたい仕事も特に思いつかず、ただ漠然と大学生活を送っていました。そうした考えだったので、いざ就職活動が始まっても、特にやりたい仕事もなく、就職活動は四苦八苦したことを覚えています。

縁あって、金融機関に就職し、融資業務や渉外活動をしながら、多くの会社経営者や自営業者の方ともお話することもでき、色々な知識や経験を積むことができました。

30歳を超えてきた頃から、自分自身で会社を持ちたいという気持ちが強くなり、自分自身で立ち上げができる仕事はないのか、と考えていたところ、これもまた縁があり東京で不動産会社を立ち上げ、自身で営業から事務まで行いました。

不動産会社は主に一般個人の仲介業務や不動産買取業務を取り扱い、大手の仲介会社とは対等に勝負ができないため、癖(?)のある物件や遠方の物件にも手を伸ばしながら日々邁進していました。

そんな中、不動産売買に携わる中で、弁護士、司法書士、行政書士の方と仲良くなる機会もでき、お客さまを紹介したり、時には一緒に話を聞くことで「法律家」としての仕事に惹かれていきました。

そこで一大決心し、仕事を続けながら、資格取得のために勉強を始めました。

 

非常に苦労しましたし、精神的にもきつく、すんなりとはいきませんでしたが、何とか司法書士、行政所の資格を取得できました。

法律家としては地元に貢献したいと考えていましたので、東京での生活を終え地元に帰省し、事務所を開業した次第です。

 

色々やっていて、一貫性のない人間だと思われるかもしれませんが、今の仕事には責任感もあり、誇りももっています。これからも個人・法人のお客さま問わず、ご相談には親身に対応し、またお客さまからも相談しやすい事務所になれるよう努力していきます。

 

趣味は阪神タイガース、食べること(年齢を重ねるごとに肉派から魚派に変わっています)、お酒を飲むこと。

中々甲子園球場には足を運ぶ機会はないですが、ペナントレース中は阪神タイガースの勝敗に一喜一憂しています。

また、食べること、お酒を飲むことも好きなので、体ばかり大きくなり運動も心掛けるようになりました。

 

司法書士の業務は、不動産や商業の登記申請業務の他、遺言書作成、相続問題、家族信託、借金に関する相談、成年後見・任意後見、死後事務委任など非常に多岐に亘っています。

また、当事務所は行政書士事務所も併設しており、お客さまからのご相談には、自分自身の経験や知識も活かして、相談してよかったと思われるように心掛けています。

『お悩み、ご不安がある方』には、まずはご相談ください。

相談内容によっては、弁護士?税理士?とどこに相談すればよいのか躊躇することもあるでしょうが、まずはお気軽にご相談ください。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

司法書士 上西祥平

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0664239083電話番号リンク 問い合わせバナー