個人間に適している条件とは?

個人間売買を検討されている方へ

不動産を取引される際には、一般的に不動産会社(仲介会社)を通して、買主(売主)を見つけてもらい価格交渉や契約書作成、売買代金の交付、物件の引渡しなど一連の作業全般を行ってもらう事が殆どです。

これに対し、個人間売買とは、不動産会社を通さずに売主・買主が直接取引することを一般的に指します。

不動産会社を通さないということは、価格交渉や契約書作成、売買代金の交付、引渡し作業を当事者同士で行っていく必要があり、その過程でトラブルなどがあったときも対処しなければなりません。

仲介手数料(売買代金×3%+6万円)がかからないことは魅力的ですが、非常に労力を費やされることもあるでしょう。

その他、個人間売買では中々買主の銀行ローンの審査が通りにくいという難点もあります。

当事務所も「個人間売買」のサポートをさせて頂くことも多いですが、個人間売買で後々トラブルにならないように「個人間売買」に適した条件を幾つか説明していきます。

①売主・買主が決まっていること

⇒一般の方が不動産の相手方を探すのは非常に大変です。

不動産会社では専用のサイトの掲載があったりと幅広く相手方を見つけることは可能ですが、個人の方だとどうしても制限されてしまいます。

価格面含め、売主・買主双方が既に決まっている状況でないと、成約も時間ばかりがかかり難しいといえるでしょう。

②不動産そのものにトラブルがないこと

⇒不動産の取引では、買主が物件の状況を細かく把握することが難しいケースが多いです。

物件の引渡しを受けた後に「雨漏りがあった」「実は隣地と境界で揉めている」「水廻りに不具合があった」など分かっても、売主がちゃんと対応してくれるのか、補償してくれるのか、確約は難しくなってきます。

不動産そのものにトラブルがないことは非常に大切です。

③買主はローンの利用が原則ないこと

⇒個人間売買では、銀行の住宅ローンの利用などは基本審査が通らないことが殆どです。

せっかく売買契約をしても、買主が資金を用意できないのであれば、契約は不履行となってしまいます。

事前に買主の資金計画は大丈夫なのか、ローンを利用しなくても現金で購入することはできるのか、など確認はしておいた方が良いです。

 

 

個人間売買で以上のような条件を満たすようであれば、手続きをスムーズに進めていくことが出来るでしょう。

その他、個人間売買でのサポートを望まれる方は気軽にご相談ください。

初回相談・費用見積は無料で承っております。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0664239083電話番号リンク 問い合わせバナー